スポンサーリンク

活性酸素と老化の関連性と活性酸素を減らす食事法

近年、美魔女ブームが到来するなど人々の老化防止に対する意識がますます高まっています。そこで、活性酸素が招く老化現象に関する研究が進められるようになりました。

「活性酸素」という言葉もよく聞かれるようになりましたが、今一つよくわからないという人も多いのではないでしょうか。

活性酸素が体に及ぼす影響と、「老化現象」、そして、活性酸素を減らす食事法について、あらためてまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

老化現象とは?あちこちに現れる変化

活性酸素と老化の関連性と活性酸素を減らす食事法

まず老化現象が具体的にどのようなものかを理解していきましょう。

老化にはさまざまな現象がありますが、それをひとくくりにして「体が酸化していくこと」とされています。

まずは代表的なものとして、免疫力の低下により疲れやすくなる、風邪をひきやすくなる、という変化があります。

インフルエンザが流行する時期になると、感染予防において特に高齢者に対して注意を呼びかける声が多いのはこのことが理由と言えるでしょう。

そのほか見た目ですぐに分かる変化としては、白髪が増えたり髪が抜けたりします。

そして女性が気になる老化現象として、肌においては、年齢を重ねるほどにシミやシワの増加が挙げられます。

体内で生まれる活性酸素とそのはたらき

人は呼吸によりたくさんの酸素を体に取り入れています。

そして食べ物を取り入れてそれをエネルギーに変えるなかで、酸素の一部が活性酸素へと変化します。

この活性酸素が必要以上に多くなると体内の細胞を酸化させてしまい、このことが老化現象を招くと言われています。

具体的にはこの活性酸素が血液中のコレステロールを酸化させることで、血管を老化させてしまうこともあるのです。

若さを保つために!活性酸素を減らす食事法

活性酸素を減らすためには、抗酸化作用のある食べ物を取り入れましょう。抗酸化作用のある食べ物にはさまざまな種類があります。

抗酸化ビタミンとして知られているのがビタミンCとE。そのほか赤ワインで摂取できることで有名なポリフェノールにも抗酸化作用が証明されています。

血液の老化を防ぎたい人にはゴマの摂取がオススメです。ゴマに含まれるゴマリグナンには血液中のコレステロールの酸化を防いでくれるため、動脈硬化の予防効果があるのです。

バランスの摂れた食事で活性酸素を減らす

さまざまな食べ物により抗酸化作用を得て活性酸素のはたらきを抑えられることが分かりました。

しかし、抗酸化作用があると証明されている食べ物だけを摂取するだけでは十分な効果は得られません。多くの食べ物をバランス良く取り入れることで相乗効果が生まれるのです。

年齢を重ねてからも健康で若々しくいるために、食べ物の選び方をひと工夫して活性酸素を減らしていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク