スポンサーリンク

急激な血糖値上昇を防ぐための食事法とは

生活習慣病についての知識が広まり、血糖値という言葉も聞きなれたものとなりました。健康な食事法として、急激な血糖値の上昇を避ける方が良いといわれますが、そのためにはどのようなことが必要なのでしょうか。

血糖値を正常にするために体がどういうはたらきをしているのか、正常であるためにはどのような食事法を摂るべきか、健康維持のために必要な情報をまとめてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

人の健康と血糖値の関係

急激な血糖値上昇を防ぐための食事法とは

人が食べ物を口にすることにより、その直後から血糖値の上昇が始まります。血糖値とはその名前の通り血管の中にある糖の値を示すものです。

糖尿病、あるいはその疑いの診断を受けた人にとっては、日常生活においてもっとも意識すべき数値のひとつです。

一度上がった血糖値は食後2時間が経つ頃に、食前の値に近い数値まで戻ります。

糖尿病の症状があってその治療を行っている人は、食後に時間が経過しても血糖値が下がりません。この血糖値の上下が正常かどうかの判断基準になるのです。

血糖値を正常に保つためにはたらくインスリン

インスリンというホルモンの一種をご存知でしょうか。

膵臓から分泌されていて、このはたらきにとって人は血糖値を一定に保つことができます。

例えば必要以上に食べ過ぎてしまった時には、血糖値の急激な上昇に合わせて、インスリンが分泌されるのです。

そして、血液をサラサラにして体内を円滑に巡るサポートをしています。

インスリンのはたらきに異常があると、血糖値が正常な値を示さず、場合によっては「糖尿病」という診断につながります。

血糖値を管理するための食事法

血糖値を管理する方法はインスリンのちからだけではありません。

食べ物のなかには血糖値を上げる要素の強いものがいくつかあります。

その種類を把握して、自分の体質に合った食事法を心がけると良いでしょう。

血糖値を上げやすい食べ物とは、エネルギーへの変換が早いものを指します。具体的にはご飯、パン、麺類、砂糖がそれに該当します。その次に挙げられるのが乳製品や卵などのたんぱく質です。

しかし、これらの食べ物には、血糖値を上昇させるはたらきがあるものの、健康を維持するためには必要不可欠です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク