関節痛による膝の痛みを改善する方法

関節痛による膝の痛みを改善する方法

膝の関節痛は、日常生活を送る上でとても厄介なものです。歩く、座る、立つ、しゃがむ、などなど、ほぼ全ての動作には足を使用し、特にそれを膝には多大な役割があります。その膝が、痛みによって思うように動かせない、使えないとなれば、苦労は想像に難くありません。

そんな膝の痛みを少しで楽にできるよう、改善策をご紹介いたします。

そもそも痛みの原因とは?

関節痛による膝の痛みを改善する方法

まず、改善策に入る前に「なぜ、膝の痛みが起きるか」を考えてみましょう。膝の病気にも色々と種類があるので「これが原因ですよ」と本文では断定できません。

ですが、ある程度の年齢(中年〜熟年)くらいであり、特に激しい運動や無理な動きを重ねていなければ、高確率で「膝の軟骨」がすり減っている可能性があります。

  • 立ったり座ったりするときなど、膝の動き始めが痛い
  • 坂道や階段などを上り下りするのが辛い
  • 膝の動きに違和感がある

などが主な症状です。

これらの症状が見られる膝の病名を「変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)」と呼びます。

この病気を非常に簡単に説明すると、膝の部分にある軟骨が加齢により、回復せずに段々とすり減ってきてしまうものです。軟骨は骨と骨の間に存在し、クッションのような役割を担っています。

ところが、これらがすり減って十分な弾力性が得られなくなると、骨と骨がぶつかり合い、神経が圧迫され、痛みが生じます。これがいわゆる「膝が痛い」原因となります。

軟骨がすり減る、というともう一生歩けなくなるのでは…と深刻に捉えられる方もいるかもしれませんが、そこまで心配する必要はありません。初期の状態であれば保存療法、生活習慣の見直しで改善する可能性は十分にあります。

もちろん、膝に痛みを抱えている方がすべてこの病気だとは言えませんので、ご自身では判断がつかないと思ったら、迷わず病院で相談しましょう。

さて、本文では数多くある膝の病気の中から、特に多くの方に起こりがちな「変形性膝関節症」についてご説明したいと思います。

痛みを改善するには

先ほどの説明の中で、軟骨がすり減っているから痛いんですよ、と述べたかと思います。膝の軟骨は、実は再生することがありません。ショックな事実ですよね、残念ながら別の軟骨に置き換わるだけです。では、どうすれば良いのか。その対策をいくつか紹介します。

サプリでグルコサミンを取り入れる

よくCMでも耳にするグルコサミンですが、実際何がどう良いのか知っている方は少ないのではないでしょうか。

グルコサミンとはアミノ糖という物質であり、軟骨の原料ともなります。つまり、グルコサミンは軟骨を再生したり、治す効果があるのです。そして、グルコサミンの中には軟骨のみずみずしさを保つ「コンドロイチン」という成分も含まれています。

骨と呼ばれながらも、骨とは違う組織でできている軟骨。その40%近くはこのコンドロイチンでできていると言われています。さらに、このコンドロイチンは軟骨がすり減るのを防止し、弾力を維持する働きがあります。

つまり、グルコサミンによって軟骨を作り出し、コンドロイチンによってその組織を保護する連携が取れるのですね。これらは医者が処方する薬にも含まれるくらい重要な成分です。

最近では薬局でも手軽に買えるようになってきましたので、まずは様子を見たい、という方はサプリを摂取するのが良いかもしれません。

ダイエットをする

なぜ膝が痛いのに、わざわざダイエットをする必要があるのか。

実は、体重を減らすことによって膝にかかる負担を大きく減らすことができるからなんです。軟骨は経年変化ですり減っていくのは事実ですが、膝に負担がかかればかかるほどそのすり減るスピードは速くなります。

その負担の一つが過度な体重です。人間は上半身を足で支えていますから、十分な筋肉がないまま支えるものが重くなれば、当然負担は大きくなります。特に立ち仕事ですと、膝が圧迫され続けることになるので、その負担は想像を超えるものとなります。

たった数キログラム減らすだけで膝への負担は見違えるほど軽くなるそうです。生き生きとした人生を過ごすためにも、ダイエットは色んなメリットがあると言えるでしょう。

まとめ

  • 膝の痛みの原因は様々
  • 多くの場合は「変形性膝関節症」である可能性が高い
  • 膝が痛むのは、軟骨がすり減り骨がぶつかり合うから
  • 改善には、グルコサミン・コンドロイチンで軟骨を補う方法と、ダイエットで膝の負担を減らす方法などがある

体のことは膝に限らず、すべて初期の段階で対策をすれば元どおりになる可能性が高くなります。是非これを機に、膝を大事にしましょう!

関節痛カテゴリの最新記事