関節痛の改善方法-痛みとうまく付き合っていくために

関節痛の改善方法-痛みとうまく付き合っていくために

階段の昇降や、立ち上がったときのひざの痛み、これらは、変形性関節症の疑いがあります。関節痛は放っておくと、どんどんひどくなることがほとんどですので、早めの対策を行いたいですよね。関節痛の改善方法についてまとめてみました。

関節痛が起こる原因

関節痛の改善方法-痛みとうまく付き合っていくために

関節痛の多くは、変形性関節症だといわれています。ひざなどの関節には、関節軟骨が存在し緩衝材のような働きをしています。ところが、この軟骨は加齢とともに減少し、すりへってくるのです。

特に、ひざは、常に体重を支えている箇所でもあるので、負担が大きくなります。そのため、加齢によりひざに痛みや違和感を感じる人が多いのです。

関節痛は、放っておいてもよくなりません。年齢のせいだとあきらめないで、早めの対策を行えば、症状を改善することも可能です。放っておけばどんどん痛みが深刻になり、動くのもおっくうになりますから、できるだけ早く、改善方法を試してみてください。

関節痛の改善方法

関節痛の改善方法にはいくつかの方法があります。

1.適度な運動

関節痛があると、運動して関節に負担がかかるのではないかと思ってしまいますよね。しかし、適度な運動で筋肉が落ちないようにすることは、関節痛を予防する方法として有効です。

ただし、関節痛が起こっている場合には、無理な運動や急に体を動かすことはよくありません。無理な負担がかかり過ぎない程度に、行うようにしましょう。

2.血行不良を解消する

寒くなると関節痛は悪化することが多いです。冷えによる血行不良は、関節痛によくありません。血行を促進し、体温を上げることが必要です。

3.関節痛によい食品を摂る

関節痛は、軟骨がすり減って起こっています。ですから、その軟骨を修復するために効果的な栄養素を食品やサプリメントから摂取することも、とても効果的な改善方法です。

関節痛に効く栄養素とは、グルコサミンやコンドロイチン、UC-2などがあります。これらを含むサプリメントを食生活にうまく取り入れるなどしてみましょう。

関節痛の治療方法

関節痛の改善方法-痛みとうまく付き合っていくために

関節痛の治療方法としては、手術療法と保存療法とがあります。関節痛の症状が軽度の場合には、保存療法から治療を始めます。関節痛の痛みが激しく、日常生活に支障がある場合などは、手術療法がおこなわれます。

手術療法

変形してしまった軟骨や関節を整えたり、人工関節に置き換える方法などがあります。

保存療法

薬物やリハビリなどにより、関節痛を治療する方法です。リハビリ行うことにより、関節の周りの筋肉を鍛え、症状の改善を目指します。

関節痛の改善は正しい方法で

関節痛を自宅で改善したい場合には、上記のようなことを参考にして試してみてください。ただし、重度の関節痛の場合は、自分の判断で行わず、医師に相談することをおすすめします。

関節痛カテゴリの最新記事