骨粗鬆症になるのはどうして?骨がもろくなる原因とは

骨粗鬆症になるのはどうして?骨がもろくなる原因とは

女性に多いといわれている「骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」。なかでも60代以降の人の発症率が多いとされています。そんなわけで「骨粗鬆症は年配の人の病気だから、まだ若い自分には関係ない・・・」と安心していませんか? 

ところが近年、比較的若い女性の骨粗鬆症も問題になっているのです。そこで今回は、今のうちから予防することができるように、「骨粗鬆症の原因」について考えましょう。

骨粗鬆症ってどんな病気?

足、骨、関節痛、骨粗鬆症対策

「骨粗鬆症」とは、骨密度が低下または骨質が劣化して、骨の強度が弱くなり骨折しやすくなる疾患のことです。簡単にいうと「骨がスカスカになってもろくなってしまう病気」です。

ですから、骨粗鬆症の人は通常なら骨折には至らないようなわずかな衝撃、例えばくしゃみをする、物を持ち上げる、つまずいて手や肘をつくなどのちょっとした衝撃だけで骨折し、なかなか回復できなくなります。

ひどくなると寝たきりなって日常生活を送ることが難しくなり介護が必要になることもあります。

骨粗鬆症の原因

考える女性

加齢

骨密度・骨量は18~20歳くらいにピークを迎え、40代くらいまでは一定の密度をキープするものの、50歳前後になると年々低下していくといわれています。

なぜ低下するのかというと、骨を作るために欠かせないカルシウムを吸収するチカラが加齢にともなって衰えていくからです。

実は骨も肌などと同じように、毎日生まれ変わっていて「骨代謝(こつたいしゃ)」と呼ばれています。ところが加齢によって骨の新陳代謝が衰え、新しい骨が作られるはたらきが間に合わなくなり骨密度が低下していくのです。

女性ホルモンの低下

女性に多いといわれる骨粗鬆症ですが、更年期や閉経を迎えて「女性ホルモンが減少する」ことと密接な関係があるといわれています。

女性ホルモンの一種である「エストロゲン」は、骨の新陳代謝の際に骨からカルシウムが溶け出すのを抑えるはたらきがあります。ところが閉経後エストロゲンの分泌が低下することによって、骨が形成されるよりも骨吸収のスピードのほうが高まって骨量が減ってしまいます。

このようにして骨密度が低下し骨がもろくなってしまうというわけです。

栄養不足

年齢を重ねるごとに骨の形成に必要なカルシウム・ビタミンD・ビタミンKなど、必要な栄養素の吸収力が低下することによって、栄養素が不足することがあります。

また、加齢以外でも、最近問題になっている若い人たちに見られる骨粗鬆症の原因には、無理なダイエットや偏食などにより成長期に十分な栄養が不足して、骨密度が十分に形成されなかったことが考えられています。

生活習慣

運動不足

普段から外出することを好まない人、仕事はデスクワークで運動不足の人、いつも車で買い物や移動をする人など、日常的にカラダを動かすことが少ない場合、骨に適度な負荷がかからないために骨がどんどん弱くなっていきます。

また、筋肉と骨密度にも関わりがあって、運動不足などで筋力が衰えると骨に負荷がかからなくなって弱くなるだけでなく骨折しやすくなります。

喫煙・飲酒

喫煙は、胃腸の働きを弱らせて食欲が減るだけでなく、カルシウムの吸収率が低下するといわれています。

また、女性が喫煙すると、骨の新陳代謝に欠かせない女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を減少させます。さらに、過度な飲酒は、骨の育成に必要なカルシウムを排出してしまう可能性があります。

病気や薬

病気の場合

特定の病気や、治療のために服用する薬などが原因となって骨粗鬆症が引き起こされる場合があります。

骨粗鬆症を引き起こす病気としては「甲状腺機能亢進症」や「関節リウマチ」、「糖尿病」「慢性腎臓病」「動脈硬化」「COPD」などの生活習慣病があげられます。これらの病気は骨代謝に関わるホルモンのバランスを崩し、骨を劣化させたり骨量を減らしたりするといわれています。

薬の場合

薬が原因となる骨粗鬆症の代表的なものとしては「ステロイド剤」の長期服用があります。

「ステロイド剤」は、アレルギーや喘息の治療薬、関節リウマチの治療薬、膠原病(こうげんびょう)の治療などに用いられることがあります。これらステロイドを長期間服用することで骨量の低下が生じる可能性があるといわれています。

今からはじめよう!骨粗鬆症対策

関節痛予防、歩く、ウォーキング

いかがでしたか? 今回は骨粗鬆症の原因をいくつかご紹介しました。

皆さんお気づきになりましたか? 

骨粗鬆症という病気は昨日・今日で引き起こされるものではありません。若い時からの長年の生活習慣が関係して引き起こされるのです。

女性にとって細いカラダを手に入れることは憧れかもしれません。そのためには多少極端なダイエットをしてでも手に入れたい・・・と思うかもしれませんが、そのせいで栄養不足になって骨がボロボロになってしまっては意味がありません。

若いからこそ、生活習慣に気をつけて予防していくことが大切なのです。今からでも自分の生活を見直して、骨粗鬆症対策を始めましょう!

骨粗鬆症カテゴリの最新記事