骨粗鬆症対策っていつから始めるべき?

骨粗鬆症対策っていつから始めるべき?

女性に多い病気の一つが骨粗鬆症。骨がスカスカになってしまう、恐ろしい病気です。そんな骨粗鬆症の予防や対策は、いつから始めるべきなのでしょうか?

40歳以上の女性は要注意

女性

骨粗鬆症は、体の中のカルシウムの不足により骨がもろくなる病気です。

ひどい場合には、一度の骨折が原因で寝たきりになってしまう危険性もあるのです。

しかし、なかなか深刻な状況になるまで自覚症状がないため、予防が遅くなってしまうのもこの病気の怖いところです。

気付いた時にはもう病状は深刻化してしまい、手の施しようがないという場合もあるほどです。

そして、骨粗鬆症は女性ホルモンバランスの乱れと大きく関係しており、閉経後の女性に多く見られる病気でもあるのです。

45歳以上の女性が骨粗鬆症になると、入院が必要なほど症状が重い場合がほとんどです。

そのため、予防は40歳を過ぎたら意識をして始めることがいいと言われています。

早めの対策が将来のリスクを減らす

病院、カウンセリング、診察

40歳を過ぎたら予防をするべきとは言われていますが、予防は早くからすればするほど骨粗鬆症のリスクは軽減していきます。

まだ若いからと安心せずに、30代ごろからカルシウム摂取やビタミンDを積極的に取り入れ、規則正しい生活を送っていきましょう。

ちなみに私たちの骨量は30大がピークと言われているため、30代に向けて骨の最大量を増やす意識を持つことで、加齢とともに骨の量が減ったとしてもその危険性を防ぐことができるとも言われています。

骨粗鬆症の予防はすぐにできることばかりです。

気になった方は是非、今からでも適度な運動や、日光浴などできる範囲で骨粗しょう症予防を始めてみてはいかがでしょうか?

骨粗鬆症カテゴリの最新記事