骨粗鬆症予防のために摂りたい栄養素と食べ物

骨粗鬆症予防のために摂りたい栄養素と食べ物

骨粗鬆症対策は、早めに行いたいもの、でも、具体的に何から始めればいいのかわからない、という人も多いと思います。そこで今回は、毎日の食事でできる、骨粗鬆対策を考えてみたいと思います。

骨粗鬆症予防のために摂りたい栄養素と食べ物について、まとめてみました。

骨粗鬆症予防に効果的な栄養素

カルシウム、牛乳

骨粗鬆症を防ぐためには、まず、骨を作るのに必要なカルシウムの摂取は欠かせません。

女性は加齢とともにカルシウム不足が深刻化していくため、特に積極的にカルシウムを摂取していきましょう。

また、カルシウムとともにタンパク質である、コラーゲンも重要です。

そして骨の材料だけでなく、その栄養素を吸収しやすくしたり、骨の形成を促してくれる栄養そ、ビタミンDやビタミンKも、骨粗鬆症を防ぐためには大切です。

ビタミンDは紫外線を浴びることで体内で形成することもできますが、食事からでも摂取できる栄養素です。

骨粗鬆症を防ぐための食べ物とは?

食事、予防

カルシウムと言えば、まず思い当たるのは牛乳などの乳製品です。

もし牛乳を飲んでおなかが緩くなってしまうという方は、ヨーグルトがおすすめです。ヨーグルト一個で牛乳1本分のカルシウムを補うこともできます。

乳製品以外でも、緑の葉物野菜からでもカルシウムは補うことができます。特に、小松菜には豊富にカルシウムが含まれているのでオススメですよ。

コラーゲンは、フカヒレや牛すじなそにも含まれていますが、コンビニでも購入できる鶏の皮やエイヒレなどのおつまみでも補うことができます。

ビタミンDは、鮭やサンマなどの魚介類やキノコ類に含まれています。

ビタミンKは、緑黄色野菜や納豆を積極的に食べるといいでしょう。

このように、骨粗鬆症を防ぐことができる食べ物は特に特別なものではないため、日ごろからバランスのいい食事を心がけ、骨を丈夫に保っていきたいですね!

骨粗鬆症カテゴリの最新記事