女性に肩こりが多い6つの理由

女性に肩こりが多い6つの理由

肩こりや冷え性に悩まされたことのない女性はいないというくらい、女性の悩みとして代表的な症状ですよね。どうして、女性には肩こりに悩まされる人が多いのでしょうか。

女性に肩こりが多い理由について、考えてみました。


筋肉量が少ない

筋トレ、女性

女性は男性に比べて筋肉の量が少ないため、肩こりになりやすいと言われています。

普段あまり意識している人は少ないと思いますが、肩から上の部分、つまり頭は人の身体の部分でも重い器官です。その頭を支えているのが、首と肩ですよね。しかも、肩には腕の重さの負担もかかってきます。

筋肉が少ないと、その分頭や腕を支える負担は大きくなり、疲れは蓄積し、筋肉はすぐに凝り固まってしまいます。

冷えやすい体質

入浴、バスルーム

筋肉量が少ないため女性の体は冷えやすく、血行不良にも陥りやすい状態にあります。冷えは血管を収縮させ、血液の流れを悪くさせます。

女性は、服装も男性に比べて、胸周りが空いたものを選び立ちですよね。そのような服装やアクセサリーなどが原因となって身体が冷えやすいのも、肩こりの原因となってるのです。

身体が冷えると疲労物質もたまりやすいということも、肩こりには悪影響を及ぼしてしまいます。


ホルモンバランスに左右されやすい

出産、ホルモン

月経や妊娠などがある女性は、ホルモンバランスに影響されやすい状態にあります。

そのため、ちょっとしたストレスや自律神経の乱れでも血流が悪くなり、肩こりに影響が出やすくなっています。


ストレスを受けやすい

ストレス、疲れ

女性は仕事、家事などで様々なストレスを抱えています。ストレスも血行不良につながり肩こりを引き起こす要因の一つになります。

また、過度なストレスは、自律神経やホルモンバランスの乱れにもつながります。


食生活の乱れ

食事、バランス

理想の体型をキープするために、ダイエットに励む女性は少なくありません。しかし、ダイエットや無理な食事制限などでホルモンバランスが乱れていくと、それも血行不良につながっていきます。

その結果、肩こりを引き起こしてしまうことがあります。日ごろから正しい食生活を心がけることが必要ですね。


運動不足

運動、エクササイズ

女性の中には運動不足に陥っている方も少なくありません。運動不足も肩や肩甲骨の可動域を狭め、肩回りの筋肉をコリ固めてしまう要因になります。

また、運動不足によりさらに筋肉量が減ると、少しの負担でもすぐに疲労がたまって肩こりになりやすくなるということもあります。

普段から運動不足だなと感じている人は、簡単なストレッチなど、軽い運動から始めてみるのがおすすめです。

肩こりカテゴリの最新記事